IRSN医療班への質問と回答


先のIRSNのQ&A集のコメントとTwitterのDMで読者から頂いた二つの質問を統合してIRSN医療班に送信したところ、下記の回答が得られましたのでご報告します。

読者の方からの質問:
(2つの質問は別の方々によるものです)

①東京での被曝に関して
私は2歳の娘の親ですが、震災前も震災後も東京に住んでいます。色々な情報が飛び交っていて、政府の被曝に関する暫定基準値が信用に足るのか、独立系メディアやブログに書いてあるようにはなから信用できないものなのか分からずにいます。

特に子供の被曝について神経質になっており、外で遊ばせないようにしていますが、ストレスが溜まってしまっているようで親としても心苦しいです。この点に関してIRSNや国際的な観点からのご意見をお願い致します。

②食品に関して
>日本政府は、国民全体を保護し、また場合によっては特殊な値もカバーするような総合的な値
とありますが、日本の放射性物質に対する「暫定基準値」は驚くほど高いもので、外国からも多数の批判が寄せられていると聞いております。
(中略)
私は子どもを持つ親ですが、チェルノブイリでの健康被害の例や食品の国際基準に照らしてもこれは子どもに適切な値とは思えません。
何を根拠に「子どもの食事を親の食事と別にする必要はありません」とお考えなのでしょうか。お聞かせ願いたいと存じます。

IRSN医療班の回答(日本語訳):

こんにちは、

独立系報道関係者や研究者の方たちによる日本の暫定基準値の批判は放射性物質放出の被害を直接被っている地域、特に福島原発の100km範囲内に居住されている方たちを問題にしています。また、そうした批判は特に20mSv/年の年間許容値に基づく住民の避難措置の決定に疑問を投げかけています。まず、日本で採用された食物に関する基準値はICRP(訳注:国際放射線防護委員会)の災害時用の基準に準拠しており、また日本政府はICRPが推奨する中でも最も低い被曝量の数値である20mSvを採用したということを知ってください。ICRPは住民が超えてはならない被曝量として100mSv/年を規定していることを考慮すれば、日本政府の基準はその5倍厳しい数字となっています。他方で、東京都では年間許容被曝量は1mSv/年であり、これはICRPと欧州委員会の勧告する値となっています。東京の住民は子供も含めてこの限界値より非常に低い被曝しか受けていません。なんおで東京に住んでいらっしゃるあなたもお子さんも心配をする必要はありません。

食料製品の流通を規制するために日本政府によって決定された、各製品が許容される最大放射性物質量は欧州委員会の基準と同等、もしくはより厳しい数値となっています。
例えば:
・ヨウ素:牛乳と水に対しては、日本では300 Bq/Lであるのに対してヨーロッパでは500 Bq/L。野菜については
・セシウム(訳注:134+137):野菜に対しては500 Bq/Kgであるのに対して、ヨーロッパでは1,250 Bq/Kg。牛乳と水に対しては日本では200Bq/Lであるのに対して、ヨーロッパでは1,000Bq/Lとなっています。

敬具
IRSN医療班

仏原文:

Bonjour,

Les normes japonaises qui font l’objet de critiques de la part de journalistes indépendants concernent les populations vivant sur les territoires directement impactés par les rejets radioactifs, notamment dans un rayon d’environ 100 km autour de Fukushima. Les critiques portent notamment sur les critères de décision sur lesquels sont fondés les mesures d’évacuation des populations (20 mSv par an). Sachez tout d’abord que ces normes sont conformes à ce qui est recommandé par la Commission Internationale de Protection Radiologique (CIPR) en situation accidentelle et que les Japonais ont choisi la limite d’exposition la plus basse recommandée par la CIPR qui retient comme critère de ne pas exposer les populations à des doses supérieures à 100 mSv (soit jusqu’à 5 fois plus par rapport aux décisions des autorités japonaises). D’autre part, ces normes ne concernent pas la ville de Tokyo pour laquelle la limite d’exposition annuelle du public est de 1 mSv par an, soit conforme à ce qui est recommandé par la CIPR et la Commission Européenne. Les doses reçues par la population vivant à Tokyo sont très en deçà de cette limite, y compris pour les enfants.D’autre part, ces normes ne concernent pas la ville de Tokyo pour laquelle la limite d’exposition annuelle du public est de 1 mSv par an, soit conforme à ce qui est recommandé par la CIPR et la Commission Européenne. Les doses reçues par la population vivant à Tokyo sont très en deçà de cette limite, y compris pour les enfants.Vous n’avez donc pas d’inquiétude à vous faire pour vous et votre fille qui vivez à Tokyo.

Les niveaux maximaux admissibles retenus (en termes de contamination par des produits radioactifs) par les autorités japonaises pour autoriser la commercialisation des denrées alimentaires sont égaux, voire plus contraignants pour certains, que ceux retenus par la Communauté Européenne.
A titre d’exemple :
Iodes : 300 Bq/l pour le lait et l’eau au Japon contre 500 en Europe ; valeur de 2000 Bq/kg pour les légumes identique au Japon et en Europe,
Césiums : 500 Bq/kg pour les légumes au Japon contre 1250 Bq/kg en Europe ; valeur de 200 Bq/l pour le lait et l’eau au Japon contre 1000 en Europe.

Cordialement,
Cellule médicale IRSN

CTC Santé <ctc-sante@irsn.fr>

About these ads
カテゴリー: IRSN タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中