「全力を尽くして福島と人類を救う」ジャック・アタリ氏 Slate.fr 2011年4月1日付


訳注:ジャック・アタリ氏略歴(Wikipedia:「ジャック・アタリ」記事 より)
(仏: Jacques Attali, 1943年11月1日 – )は、フランスの経済学者、思想家、作家。アルジェリアの首都アルジェ出身のユダヤ系フランス人。パリ政治学院卒業。経済学国家博士。初代欧州復興開発銀行(BERD)総裁。フランソワ・ミッテランの側近中の側近で81年から91年まで大統領補佐官。91年から93年まで初代欧州復興開発銀行総裁。指揮者としてオーケストラを指揮したこともある。2011年1月10日、菅直人首相が八重洲ブックセンターに立ち寄り、アタリ著『国家債務危機』を購入したと報道された。

福島原発が放射性物質を大量に撒き散らすのを防ぐために、国際社会はただちに行動を起こすべきである

事態は深刻である。中期的に人類の安泰を脅かしかねないシナリオが現実のものとなる可能性はもはや排除できない。もし福島の原子炉の使用済み核燃料を貯蔵している容器やプールが熱や爆発もしくは余震で損傷を受ければ、大量の放射性物質が液体や気体の形で、大気、海ももしくは地中に放出されることになり、とりわけ三号機の場合、それは大量なプルトニウムの放出となる。そうなれば、日本国土の一部は居住不可能になるほど汚染されることは確実であるが、地球全体に汚染が及ぶ可能性さえもある。

これもすべては日本の原子力行政当局が、純粋に財政的採算性のために、この原発を建ててはいけないところに建て、そのうえ、提案されるあらゆる安全措置の設置を怠ったからである。そして、事故の当初から、この同じ当局は事故の処理にミスに次ぐミスを重ね、原子炉を何日も冷却せずに放置し、まだ正常だった保護システムを修理不可能にまで損傷させた。そして、プライドと秘密主義の混ざった心理からか、国際的援助を長い間拒みつつ、最初から世界規模の動員を要する大災害だとおそらく認識しておきながら、真実を明らかにしようとしないのである。

このようにして日本当局は最小限の情報しか与えないことにより、素晴らしい日本国民、とりわけ低賃金で適切な訓練も受けずに大変危険な作業に投入されている作業員たちを危険にさらしている。自分たちの嘘がばれないために、これらの責任者は外国専門家の協力を受け入れようとせず、地球全体をも危険にさらすのである。

それにしても、少々でも人権侵害があるとすぐに反応したり、憤慨したりしてきた(それ自体は良いことではある)国際社会が、このケースに限って変に遠慮深くなるのはなんとも不思議である。日本の責任者に何をやっているのですかと恭しく尋ねたり、こちらが申し出た援助を断られてもそのまま引き下がったり、自国民を日本から撤収したり、平静を呼びかける声明を出したりするのである。民衆の恐慌を引き起こさないためか、それとも自国の原子力産業を救うためか。はたまた、数日の間だけ枕を高くして安眠するためか。

まったく馬鹿げている。原子力産業を救うには先ずこの事故を出来るだけ早く解決することが先決であろう。そのためにはあらゆる叡智と技能を集めた世界的なコンソーシアムを至急設けることである。われらが日本の友人たちは、事故処理に長けた世界中の最良の専門家たちをただちに受け入れるべきである。この原発の中になにがあったかを把握するにはこれしかないのである。これら専門家の意見を待たずに、いまからでも、ヘリコプター、消防器具、ロボット、セメントミクサーなど、ありとあらゆるものを空輸し、これらの原子炉を封じ込め、この災害を終結させなければならないのである。もう内政干渉(※)の是非をとやかく議論する場合ではない。行動するのみである。

出典記事:http://www.slate.fr/story/36383/sauver-fukushima-japon-humanite

※訳注:原文「droit d’ingérence」を「内政干渉」としているのは若干の意訳を含んでいます。たとえば「国境なき医師団」(Médecins Sans Frontière)もよくこの言葉を使いますが、それは彼らのような有志のNGOが現地政府の利権や都合に左右されずに活動を行えることの意義を強調するためです。なのでここでもフランス政府が日本政府を無視して活動するという意味というよりも、国際的な連携を必要とする問題であるということの強調として理解できるかと考えます。(2011.04.10 21:00翻訳チーム付記)

カテゴリー: 仏メディア タグ: , , , , , , パーマリンク

「全力を尽くして福島と人類を救う」ジャック・アタリ氏 Slate.fr 2011年4月1日付 への13件のフィードバック

  1. 立石寿雄 より:

    福島原発には、アメリカの原子力対策部隊も派遣されているし、IAEAも来ている。この人は、何を勝手な憶測で喋っているのか。外人が放射能の危険を冒して、東京消防団のような放水作業はできないし、やらないでしょう。だいたい、危なくなると最初に逃げ出すのはフランス人だしね。

  2. ゆで卵 より:

    文末の「内政干渉うんぬん」の部分が引っかかりました。

    リビアと同じで、日本の場合は原発事故を理由に侵略してくる可能性があるというふうに、私は読みました。

    杞憂であればいいですが、自国で解決策を持たない危険性を認識すべきです。

  3. yoshifuku より:

    はじめまして、ありがとうっ!
    下記サイトも勉強になりました、ドイツ語に翻訳していく力お持ちかも、連絡取り合ってみるといいかも。
    ホントに、恥も外聞も気にしてる場合じゃないです。
    協力し合わないと!
    http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329

    • genpatsu より:

      情報を教えて頂いてありがとうございます。連絡を検討してみたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

  4. Qingxiang より:

    >内政干渉の是非をとやかく議論する場合ではない。行動するのみである。

    この点においてまったくもって同感です。
    事故初動直後から、「内政干渉してもらっていいから、各国が協力しあわないと、人類全体が大変なことになる」と予測していましたが、日々その予測に近づいている状態だと感じます。

    利権が大事なのかもしれませんが、「その前に亡くなってしまったりしたら意味が無いじゃないか」と思います。

  5. ハズレ より:

    頭は空っぽなのに知識人の仮面をつけて政治・芸能活動をする山師、というのはフランスの特産品だが、この人はその典型。過去にもフーコーの本を剽窃してフーコー本人からさんざん馬鹿にされたりと、前科には事欠かない。ここに書かれていることは、この人にしてはむしろ上出来の方だが、こんなものを「炯眼なるヨーロッパ知識人のありがたいお言葉」として拳拳服膺するのは馬鹿げている。

  6. maoyam より:

    アタリ氏の「提案」が四月の魚(エイプリル・フール)…ですみますように。

  7. ピンバック: links for 2011-04-06

  8. めたのーるくん より:

    >>Qingxiang さん
    内政干渉って利権とかそういうの通り越してるのじゃ?
    ちょっと乱暴すぎる。
    話は変わりますが、
    この記事やツイッターなどで語られている極端な意見や偏見などは
    正直、いまさらですが品性を欠いていると思います。
    極端な肯定否定ともにうんざりです。
    ただ、まだやれることがあるとは思いますが。

  9. ピンバック: Top Posts — WordPress.com

  10. リアリズム より:

    被災地は地獄のように大変だし、何か行動しなきゃならないのは現状を知れば誰だって分かる。
    そして、それを邪魔する秘密主義や面子、姑息さ。

    そんなのは大体感じることができる。

    ただ専門家らしく、少し複雑に説明してるだけ。

    口だけじゃなく、手や足、背中、行動で示してほしい。
    口よりも行動で伝わってくる方が大きい。
    今回の震災でマスコミや、こういうメディアには失望した。

    被災を少し被ってリアリズムが強烈に芽生えた青二才の意見なんで、みんなとは温度差があるかもしれない。

  11. nows22 より:

    アタリ氏の主張は正しいと思います。問題は大きくて危険であります。内政干渉と言っている場合ではないのは確かです。
    https://nows22.wordpress.com/

  12. NaungMyo より:

    絶対安全を掲げて来たために危険性の指摘を無視し続けて建設、運転を認め、柏崎刈羽が壊れたのに根本的な見直しないで再開を許したのがこの始末です。初動措置を誤り、現時点は小康状態に過ぎません。まだまだ予断を許さず、もっと大変な事態になる可能性は半々ではないかと思います。米国の了解さえとれば十分として汚染水を放出したことは国際的な非難を浴びました。
    テレビに出て来るのは御用学者ばかりです。民放や新聞は広告料のために、NHKは予算を通すために、本当のことは伝えられていません。議員も僅かな人しか問題にしていません。
    データを隠し、何の根拠も無く基準値を引き上げ、「現時点では安全」を繰り返し、不都合な意見を流言として削除させ、報道官制を敷こうとしています。
    人類全体に危機が及ぼうとしている時に国際管理にするのは当然です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中