「福島三号機燃料プールで燃料束の上部を発見」アーニー・ガンダーセン博士7月1日付動画レポート日本語訳


出典:Fairewinds
http://www.fairewinds.com/content/new-analysis-unit-3-fuel-pool-video-reveals-top-fuel-bundle 

訳注:アーニー・ガンダーセン博士(米Wikipediaより)
アーノルド・「アーニー」・ガンダーセンはエネルギーコンサルティング企業フェアウィンズ・アソシエイツ(Farewinds Associates) のチーフ・エンジニアであり、前職では原子力企業の経営陣を務め、当時より第三世代原子炉であるウェスティングハウス AP1000原発の安全性について疑問を投げかけていた。ガンダーセンはまたヴァーモント・ヤンキー原子炉についても運用上の懸念を表明してきた。同氏はスリーマイル島事故の調査において鑑定人を務めている。


※ このビデオの字幕翻訳はTwitterでの呼びかけに応えて頂いた読者の方によって行われ、当ブログ運営者が校正を行ったものです(全ての文責は当ブログ運営者にあります)。ご協力に改めて感謝いたします。また、他の読者の方からも広くご協力を受け付けています。ご興味のある方はこちらの記事をお読みください。

カテゴリー: 米企業, 動画レポート タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中